FC2ブログ

パレード その18

2019.10.21.Mon
福島原発事故から8年が経ち、安倍政権によると状況はアンダーコントロールで放射能は恐くないそうです。えええ〜??? 復興のかけ声の下、現実は切り捨てられています。政府は年20mシーベルトまでが安全基準だと言いますが、レントゲンや飛行機に乗るのと違い、そこに住む人はずっとその低線量被曝環境下で暮らさなくてはなりません。事故前は1mシーベルトだったはずです。事故が起きたら20mシーベルトまで安全になったって、これ変じゃありませんか!

わたしたちはすべての原発がなくなるまで声を上げ続けます。
みんなで一緒に三鷹の町を歩きましょう!

パレード終了後15:30頃から三鷹駅南口ペディデッキで脱原発スタンディングをやります!
こちらにもぜひご参加ください。

Action‰
スポンサーサイト



むさしの市民平和月間

2019.10.21.Mon
「むさしの市民平和月間」は、戦争のない平和な社会を実現するため、武蔵野市民が声をかけ合って取り組んでいる一斉行動です。

「さよなら原発!三鷹アクション」も参加しています。
10/27(日)パレードその18
市民平和月間2019 裏面
市民平和月間2019 表面

アクションのメンバーが企画に参加しているイベントです。
11/5(火)ドキュメンタリー「不思議なクニの憲法」上映会

191105不思議なクニの憲法

8月31日(土)武藤類子講演会

2019.06.10.Mon
      事故から八年
       福島からの声
         森と人と生きものと
        武藤類子 講演会


福島原発事故から8年、福島の地で一貫して反原発を闘い続ける武藤類子さんのお話を聞きます。
多くの方のご参加をお待ちしております。


20190831MutoRec_01.jpg
20190831MutoRec_02.jpg

さよなら原発!三鷹アクションパレード〜その17

2019.04.24.Wed
さよなら原発!三鷹アクションパレード〜その17

福島原発事故から8年が経ちました。福島は復興復興で放射能はもう安全だなど、また新たな安全神話も現れています。ですが本当でしょうか?放射性物質の半減期はセシウム137で30年、ストロンチウム90で29年、プルトニウム239では24000年にもなります。除染は汚染物を移動させるだけで除去にはなりません。安全だと思いたい多くの人の気持ちはよく分かりますが、健康被害は10年20年さらにもっと長い時間をかけて現れることもあります。私たちはまだまだ長い時間原発事故の影響と付き合っていなければならないのです。なかったことにするのではなく、これからもどう向き合わなければならないのか考え続けなければなりません。

未来の世代に残してはいけない原発!
わたしたちはすべての原発を廃炉にするまで声を上げ続けます!
一緒に三鷹の町を歩きましょう!


パレードその17 チラシ(警察確認を待って決定)_ページ_1

パレードその17 チラシ(警察確認を待って決定)_ページ_2

3.11いのちを想う誓いのキャンドルナイト

2019.02.06.Wed
「3.11いのちを想う誓いのキャンドルナイト」

3月11日(月)18:30〜19:30 三鷹駅南口ペディデッキ

今年もまた3月11日がやってきます。あの大震災と原発事故から8年。でも事故はまだ収束していません。未だ原子力緊急事態宣言は解除されていないのです。フクイチの圧力容器の底を抜けた燃料デプリはどこにあるかも分からず、取り出しの目処はまったく立ちません。少なくなったとはいえ、放射線物質はまだ出ているのです。傷を癒せない人、救われていない人もまだ大勢います。私たちは決して忘れてはいけません。3月11日を!


311チラシ
 | HOME | Next »