FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加者150名で無事終了しました!

2012.03.07.Wed
さよなら原発!三鷹アクション その2
3.4 リレートーク&パレード
参加者150名でした。
みなさま、ありがとうございました!


当日のパレードの様子です。

3.4パレード1

3.4パレード5

3.4パレード3

3.4パレード4

「田中龍作ジャーナル」にも、三鷹アクションを取り上げて頂きました!
取材をありがとうございました!
→ジブリの森前で 「原発要らない」

また、前回12月の三鷹アクションに続き、
今回も吉祥寺の「パパママぼくの脱原発ウォーク」チームから心強い応援が!
こちらのブログで報告してくださいました!
→3月4日三鷹アクションさんのデモに参加しました!

沿道のお店の方や、道行く方々、車やバスの中の方からも沢山の応援をいただきました。
本当にありがとうございました!
今後もローカルアクションだからこそできることを継続していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

なお、リレートークの様子なども近々掲載いたします。
まずは無事終了のご報告をさせていただきました。
ご参加くださった皆さま、応援してくださった皆様、本当にありがとうございます!

スポンサーサイト
コメント
デモ行進なんて迷惑なだけです
まったくもって迷惑千万! どこかクローズされた会場でわめいていればいいでしょ?

日曜日の混んでる時間帯に吉祥寺通りの車道を歩くなんて、非常識きわまりない!

それに伴って動員される警官の数だって尋常じゃない!
警察は便利屋じゃない。税金の無駄遣いしないで!

「原発を無くす」という考え方は必ずしも否定しない。
でもその主張の為に人に迷惑をかけるなら話は別。


そんなに原発に反対なら、まず自分たちが電気を使うのをやめたら?

原発を使えない分、東電が主張する値上げ分の差額を積極的に負担したら?
命が一番大切!
デモは国民の権利にきちんと定められています。
迷惑と感じる人もいればそうでない人だっていますよ。
だけどお金より電気より何より人間の命が大切です。
嫌がらせのコメントなんて気にしなくていいですよ。
今後もどんどんやってください。
応援しています。

デモの権利は民主主義の根幹
<日本国憲法第21条>
1 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
************
 この第1項にはデモ(デモンストレーション)の権利も含まれます。ですから警察にデモの申請を出すと許可が下りるのです。
 集会やデモの自由は、民主主義社会にとっては人々の合理的な意思形成を可能にする法的基礎です。民主主義社会では様々な社会問題を国民の一人一人が考え、ときには行動することが求められているのです。その上で選挙があり、私たちは代表者を議会に送っています。もしすべての国民が与えられた表現の自由を放棄して積極的な行動(集会やデモなど)をしなくなり、ただマスコミやインターネットなどからの受動的な情報のみを頼りに選挙だけをすると、それは政治参加ではなく単なる人気投票になってしまいます(その意味で、現在は民主主義の危機といって良いかもしれません)。
 ですから、デモは公共の道路を使用するのですが、許可を取った平和的なデモである限り、その交通を一時的に妨げることがあったとしても、そのことよりデモの重要性の方が社会的に優先されるのです。これは私的意見ではなく社会的合意です。
 もしデモが迷惑だといって止めさせてしまえば、民主主義の根幹の大きな一つを失うことになってしまいます。それは国民にとって自殺行為です。
 国民が考えて行動する権利、それが失われば民主主義は死にます。
そうだそうだ!
憲法で定められた権利!!
何の問題もありませんよ。
むしろ我が街で様々なアクションがある事に
誇りを持ちたいです。
市民が自発的に行っているこのようなアクションを
臆することなく今後もどんどんやっていただきたいです。
頑張れ三鷹アクション!!!
次回もその次も必ず参加しますよ!!!!

アホにはアホを!
「原発なくせというなら、まずてめえらが電気を使うな」
まあ、なんと言い古された原子力村擁護者の下品な常套句でしょうか?!

こんな捨て台詞には、ただ一言!
「いいよ!じゃあ我が家の送電線には
火力と水力と、自然エネルギー由来の電気だけ送ってくれや!」
と、くだらない屁理屈を返したくなりますね(笑)。

誰も、系統電源を全部なくせなんて言っておりません。
系統の原子力をやめましょうと言っているのです。
もちろんこれからは、供給に応じた需要のあり方や、
消費文化のあり方それ自体を考えねばなりません。
また、ピーク時の危機があるというのなら、
再生可能エネルギーとの併用などによる
ピークカットの手法も考えねばなりません。
いま、そんな研究と実証実験が各地で開始しています。

斜体の文少し世の中を見つめましょうね。

管理者のみに表示
トラックバック
さよなら原発!三鷹アクション その23.4 リレートーク&パレード参加者150名でした。みなさま、ありがとうございました!当日のパレードの様子です。「田中龍作ジャーナル」にも、三
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。