3.11いのちを想う「誓いのキャンドルナイト」

2013.03.12.Tue
 あの大震災から丸2年が経ちました。東日本大震災の死者、行方不明者は約18,500人。震災関連死された方がおよそ2,500人、うち原発関連死789人。あまりにも多くの人々の尊い命が失われました。そしてまだ福島第一原発事故は収束していません。いまだに多くの放射線物質を出し続けています。これからも多くの人々の命と健康を脅かし続けるかもしれないのです。しかも放射性物質は遺伝子を傷つけます。未来の子どもたちの身体まで傷つける可能性が大きいのです。こんな危険な原発はただちにすべてなくさなければなりません。
 今年の3月11日「さよなら原発三鷹アクション」は三鷹駅南口ペディデッキで、震災に関連して亡くなったすべての方に深い哀悼の意を捧げるために、<いのちを想う「誓いのキャンドルナイト」>を行いました。100人を超える人が足を止めてキャンドルの
光に鎮魂の思いを捧げてくれました。

IMGP1937.jpg

IMGP1938.jpg
IMGP1939.jpg
IMGP1946.jpg
スポンサーサイト
コメント
キャンドルナイト参加しました
三鷹駅南口で行われたキャンドルナイトに参加しました。
キャンドルの光が揺れる中、たくさんの方々の思いが聞けてよかったです。
たくさんのいのちに誓いましょう、
原発いらない と。

管理者のみに表示