スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シェーナウの想い」上映会のお知らせ

2013.05.06.Mon
6月1日(土)私たち「三鷹アクション」は、市民自らが再生可能エネルギーによる電力会社を作ったドイツ、シェーナウの住民運動に学ぶ上映会と講演会を行います。

      市民発電を考えよう
ドイツ映画「シェーナウの想い」と講演会

Schonauer.jpg
震災から2年、私たちの意志とは反対に、国は着実に再稼働へと進んでいて愕然とします。
しかし諦めてはいけません。
いろいろな方法で脱原発運動を広めていくことが大切です。
原発以外の安心・安全な再生可能エネルギーにシフトしていくために、私たち市民に何ができるかを一緒に考えましょう。

まずは「市民発電ってどんなものなの?」というところから
スタートしたいと思い、映画上映会と講演会を開催します。
ドイツのシェーナウの市民発電とこだいらソーラーの市民発電の話を聞いて、エネルギー問題をもっと身近に、オープンに話し合える場にできればと思います。

日時:2013年6月1日(土)
   13:00開場、13:30開演
場所:三鷹市市民協働センター
(三鷹市下連雀4-17-23)
資料代 ¥500


☆映画、「シェーナウの想い」
チェルノブイリの原発事故をきっかけにしておこった、ドイツの小さなまち、シェーナウの住民運動のお話です。
始まりは「子どもたちを放射能汚染から守りたい」ということからでした。
その後、さまざまな問題を乗り越えて、住民グループは電力会社を作ってしまいます。
10年もの歳月を仲間とともに一歩一歩前進し、環境に、そして次世代にやさしい電力を供給し続けています。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。